畑と製造工程の紹介

創業以来変わらないこだわりの製法

7月下旬から8月にかけて収穫した山椒は、最初に1〜2日陰干しをしてから、天日干しにします。飛騨山椒の天日干しは創業以来こだわっている技術です。

乾燥機を使うと色はキレイに仕上がりますが、飛騨山椒独特の「すばらしい香り」は飛んでしまいます。 この一手間かけた天日干しによって深い緑色をした良い香りの山椒になるのです。

天日干しされ山椒は、種と皮を分け皮のみを杵と石臼でつき粉にします。

イメージ:スタッフ
イメージ:天日干し

天日干し

イメージ:杵と石臼でつく

杵と石臼でつく

山椒畑の様子

イメージ:山椒畑・夏(1)

山椒畑・夏(1)

イメージ:山椒畑・夏(2)

山椒畑・夏(2)

イメージ:山椒の実(1)

山椒の実(1)

イメージ:山椒の実(2)

山椒の実(2)

イメージ:山椒畑・秋

山椒畑・秋

イメージ:山椒畑・冬

山椒畑・冬